生産者と語り合いながら生まれた
あっさりと溶ける霜降り「万葉牛」

万葉牛の特徴

昨今の和牛は血統の改良と肥育技術の進歩で、短い肥育期間で肉量が多く取れ、霜降りが多く入る牛が増えました。 万葉牛の生産者は「おいしい牛肉」の原点を忘れず、「霜降りでもおかわりができる」を共通認識とし、脂質や肉質をよくする努力を日々重ねています。

自分の農場で、子牛から生産して肥育し出荷する「一貫経営」が多いのも、子牛の値段に左右されず安定した肉を生産する為の、一つの特徴になっています。万葉牛は脂の融点が低く、脂の旨味を持ちながら、あっさりと溶けていく口溶けです。 冷やすと脂がしまり、常温でゆっくり溶けていく。それは、上質なバターに触れるような脂質で、くどさが少ないキレの良い脂です。

首都圏、関西圏でも非常に高い評価を得ており、市場での品評会では数々の実績をあげています。 牛舎内ではゆったりとしたピアノの音楽が流れる清潔な環境と、鳥取おいしい空気と水で愛情を受けのびのび育った牛です。

万葉牛の認定基準

品種
鳥取県産の黒毛和種
格付
肉質等級4以上
その他の
基準
因幡和牛専用出荷履歴のある肉牛。
万葉牛生産流通組合の組合員であり、いなば農協出荷された肉牛。
万葉牛指定生産者が出荷する枝肉の中から、万葉牛生産流通組合が認定した肉牛。
認定書
発行手数料540円(税込)
※弊社以外から取引される場合、万葉牛流通販売申請書の提出をしていただき、弊社より認定書を発行いたします。
商標登録 認定証

万葉牛指定生産者一覧

谷口拓也株式会社谷口畜産
川北誠一郎
伊藤夏日 株式会社伊藤畜産
山下剛 株式会社山下畜産
上島孝博 有限会社菊丸ファーム
岸本真広 株式会社うしぶせファーム

万葉牛指定登録店一覧(準備中です)

オンラインショップ

導入事例

万葉牛を扱うお客様より感想をいただいておいます。

熱い思いに惹かれました

【岡山県】

愛道園ホームページ

店長:金光 真吾

愛道園は、倉敷で親子3代にわったって営業をしている焼肉のお店です。
万葉牛生産者の谷口畜産さんと株式会社はなふささんの熱い思いに惹かれ万葉牛を使用しています。谷口畜産さんの牛舎に行き、飼育理念に胸を打たれました。万葉牛は特にモモの部位にサシが細かく入り、食べると脂がとても甘く、後から肉の旨味が追いかけてやってくるのが特徴で、そこに魅力を強く感じています。

大阪で万葉牛といえば『龍』と言われたい

【大阪府】

黒毛和牛焼肉 龍

店長:塩田 敢右

2016年にお店のオープンに向けて、良いお肉がないかと探していたところ、鳥取のあるお店で万葉牛を食べました。

それまでは鳥取和牛という言葉すら知りませんでしたが、食べてみると 赤身は美味しく、脂身もしつこくないので、いくらでも食べられるなと思いました。万葉牛を、すぐに使いたいと思い、はなふささんの本社まで直談判をして、 オープン当時から現在でも、取引させていただいております。

当店のお客様も、お年寄りから小さいお子様まで、あっさりして美味しいと評判です。 これからも大阪で万葉牛といえば『龍』と言われるように邁進していきます。