鹿野地鶏

旨味と安全性を求め、
抗生物質を一切使わない飼料で
育成しています。

鹿野地鶏の飼育法は飼料や飼育環境に徹底的にこだわり、旨味と安全性を求め、抗生物質を一切使わない飼料で育成しています。トウモロコシ・大豆油かすなどを配合し、飼料米を与えることで旨味が増します。
飼料中最も配合割合の多いトウモロコシは、米国産でNON-GMO(遺伝子組み換えでない)、ポストハーベストフリー(収穫後の消毒を一切行わない)のものを使用し、安全性にもこだわっています。

鹿野地鶏鹿野地鶏

地鶏特有のしっかりとした噛みごたえと、
引き締まった肉質に定評があります。
肉に臭みがなく、焼いたり蒸したりと
シンプルな調理方法で
強い旨味を実感していただけます。

鹿野地鶏は、
軍鶏をベースに生み出された鳥取の地鶏。

三元交配により誕生した最高級地鶏

「軍鶏」と「ロードアイランドレッド」を交配したものに、「白色プリマスロック」を交配させた、いわゆる「三元交配」により誕生しました。

本物志向の高まりの中で、品質の高い肉用鶏を開発するため、鳥取県中小家畜試験場で長年にわたり研究し、作出された鳥取の「地どり」です。